SPRING DREAM

夏休み中は毎日記事2本更新予定

2015 J3リーグ第12節 長野vs秋田

南長野で試合を見てきました。

アスパラホットドッグを食べてみようと思いまして。
イメージ 1

ホットドッグアスパラ入り(250円)。JAグリーン長野さんのブースです。アスパラ1本入っているので豪華かな?
イメージ 2

今日の両チームスタメン。秋田に熊ちゃんがいない。
イメージ 3

秋田サポーター。午後6時開始ナイトゲームでは長野市から秋田市まで当日日帰り出来る方法はありません。
イメージ 4

試合開始のところ。
イメージ 5

秋田の監督は、今年から代わった間瀬修一さん。イビチャ・オシムさんの通訳だった人です。
ジェフサポーターならよく知っている方。当然私も存じ上げております。
イメージ 6

ハーフタイムに、メインスタンドの「のの」さんで販売していたモツ煮(300円)を購入してみました。
容器はミニサイズ。ですが具がたくさんで容器の小ささを許容できる中身。
大根、にんじん、乱切りのゴボウ、長ねぎ、根曲がり竹、モツとどっさり。もう少しアツアツだったらよかった。
イメージ 7

試合の方は、後半長野が先制。そして、PKのチャンス。キッカーは改修した南長野初登場の宇野沢選手。
イメージ 8
秋田GKの松本選手がビッグセーブ。たぶんヤマはっていたと思います。超反応でとめたのならごめんなさい。
宇野沢選手がPKを外したのは、一昨年の優勝を決めた次の試合のアウェイ相模原戦以来。
先日、長野の佐藤選手がPKを決めたのですが、これは長野がJFLに上がった2011年以降、宇野沢選手以外の
選手が決めた初めてのPKでした。つまり、長野のPKは、これまでずっと宇野沢選手が蹴ってきたのです。
それだけ、宇野沢選手のPK成功率は高かったということです。(もし違っていたらごめんね)

間瀬監督になってから、秋田の戦術は大きく変わりました。
これまでは、とにかく繋ぐサッカー。J3は降格はありませんから好き勝手なサッカーができた訳です。
でも、いつかは上のリーグを目指すのであれば、これからはある程度結果を求められます。
間瀬監督が目指すサッカーは、きっと「人もボールも動くサッカー」なんでしょうね。
後半残り10分くらいでスーパーサブ的なポジションの熊林選手が出てきました。
イメージ 9

観客は3769人。今日は運動会ってところも多かったみたい。
イメージ 10

長野 1 - 0 秋田
イメージ 11

これで長野の秋田の対戦成績は10試合9勝1引き分け。長野はお得意さんには徹底的に強い。
琉球だと10試合10勝。対福島は6試合6勝。