SPRING DREAM

職場でも感染の波が広がっています

2016 J3リーグ第25節 長野vs大分

南長野で試合を見てきました。

稲刈りが終わった時期です。
イメージ 1

パルまるマーケット?
イメージ 4

在庫処分セール  懐かしいグッズがいっぱいだよ!
イメージ 5

沖縄観光PRブースがありました。次節は長野はアウェイ琉球戦。
イメージ 2

アンケートに答えたらカットパインがもらえる!ので参加。
イメージ 3

石垣パイン。ちゃんと冷してあっておいしくいただきました。ありがとう。
イメージ 6

ライオーくん。見た目とはウラハラに動きにくいキャラクターらしい。
イメージ 7

長野パルセイロは、サッカーチーム以外にもバドミントンとアイスホッケーのチームもあります。総合クラブゆえ。
コラボイベントが行われていました。奥原希望さんは「ふるさとアドバイザー」という肩書きを長野パルセイロ
バドミントンクラブに対して持っています。なので彼女の写真をこうして展示することができます。
奥原希望さんは長野県大町市出身。日本ユニシス所属。
イメージ 8

南長野のJリーグ公式戦に、「タイトルホルダーのチーム」がやって来た!
例えば現在J1強豪チームの川崎フロンターレでさえ、タイトルはとったことありません。(例に出してごめんね)
Jリーグのタイトルとは、天皇杯・リーグ戦・ナビスコカップの3つ。今年からナビスコカップは名称変更で
ルヴァンカップになりましたけど。大分トリニータは、過去にナビスコカップのタイトルを一回とっています。
イメージ 9

JAグリーン長野さんでシャインマスカットを購入。300円。
イメージ 10

数えたら10個入っていました。これで300円はやっぱり産地価格かな。
イメージ 11

大分には山岸智選手がいるね… サンフレッチェ広島の選手だっけ?(苦笑)
イメージ 12

あら、山岸選手キャプテンでしたか。背番号16。このあとコートチェンジしてきたけど。
試合中、山岸選手の動きを見ていましたが、ポジションは右サイドバックジェフ千葉時代は左サイドハーフ
彼のポジションだったけどねぇ。しかし、今の彼は全然走らないね。まさにお地蔵さん。サイドバックなのに
全体の動きをカバーするアンカーのような余裕を見せる謎の動き。アンカーサイドバックという新しい境地を
見い出したのかもしれない。元々は彼はFWの選手でした。ジェフ時代も背番号16。途中交代してました。
イメージ 13

虹をみたかい。
イメージ 14

大分サポーター。いっぱいおいでになりました。町田、富山、栃木、その次の多さかな。さすが元J1チーム。
イメージ 15

あ、アウェイゴール裏とバックスタンドは完全閉鎖している。ということはアウェイ大分サポーターは、ほとんど
スタジアムグルメを購入する場所がないじゃないですか。美味だれ焼き鳥しか買えないはず。それはないでしょ。
こんなに大分サポーター来たのにね。ケバブとか外周コンコースで売るべきだと私は思うんだけどな。
イメージ 16

観客は5000人超え。長野は平均観客数5000以上がとりあえず目標だと聞いたことあるのでそれは達成
出来そうですね。あとホームで2試合。この試合が終わって平均5096人だそうです。
イメージ 17

長野リードでむかえた最後のプレー。大分のコーナーキックで大分のゴールキーパーも上がってきた!
が、肝心のキックのボールが芝生蹴るとき変な影響を受けたらしく、あさっての方向にボールが飛び出した
時点でタイムアップ。大分のゴールキーパーって修行選手なのか。町田の選手のイメージが強いです私には。
イメージ 18

試合後立ち上がれない大分の伊佐選手。途中交代で入ってきましたが。悔しさなのかやりきったからなのか。
伊佐選手、いい動きしていました。なんでスタメンで使わないかな。
イメージ 19

長野 1 - 0 大分
イメージ 20

チームがバラバラじゃねえか!→まとまっているよ!→信じていいんだな?→トーリニータ!
言ってみたかった(書いてみたかった)
イメージ 21