SPRING DREAM

週末は富山に行きます。

秋田旅行記 延長編

秋田旅行記の延長編です。

 
秋田市民市場というところに行きました。お魚、野菜、お肉、衣料品や薬局などあります。
イメージ 1
平日ということもあってさほどにぎわっている様子ではなさそう。なぜかこのカットパインが
多く売られていました。すぐに食べるぶんには便利ですけど。
イメージ 2
水産物を扱うところでは、魚卵の品揃えが良くてうらやましかった。たらこもたくさん。
すじこなんて長野市のスーパーじゃほとんど品揃えが極小ですからね。
イメージ 3
市場内にある、支那そば屋さんの伊藤さんへ。
イメージ 4
ここの市民市場って日曜日はお休みなんですよ。でもこの伊藤さんは営業している様子。
イメージ 7
 
シンプルな中華そばをいただきました。優しい味わい。右上の白い大きいものはお麩です
イメージ 5
秋田って西武デパートがあります。地方の西武デパートって今じゃめずらしい。
福井とかにも西武あるけど。岡崎、大津、高槻にもあります。それ以外は全て首都圏に。
イメージ 18
秋田と言えば銘菓「金萬」。食べてみたかったけどなんとなく買えなかった。
一人で10個くらい食べてもいいんだけどさ。ハローキティ金萬なんてあるのか。
イメージ 6
あ、なんかのコラボ自販機がある。
イメージ 8
秋田ノーザンブレッツ。と言われても私知りませんでした。どうやらラグビーのチーム。
前身は秋田市役所ラグビー部。秋田はラグビーも盛んな街だそうです。
Bリーグ、バスケットの秋田ノーザンハピネッツは、「ノーザン」の部分をノーザンブレッツと
共有することでシナジー効果も考えてのことだそうです。サッカーはしなかったのね。
イメージ 9
駅前の告知ポスター下部の予告ボードが、試合翌日にはちゃんと新しいものに
入れ替わっていました。やるな。
イメージ 10
さてと、秋田ともお別れです。特急いなほに乗って新潟まで行きます。
イメージ 11
あららボケちゃった。
イメージ 12
特急いなほは、秋田発新潟行きと、山形県酒田市発新潟行きとにわかれます。
秋田発のいなほは本数少なめ。
イメージ 13
指定席で帰ろっと。平日ですから自由席でも良かったけど指定ならより静かに過ごせる。
イメージ 14
と思って指定席買ったのに私の席のすぐ前に老夫婦が乗ってきてソワソワ席を移動
したり落ち着かない行動をとるので嫌気が指して私が自由席へ逃げました。ついてない。
ガラガラの指定席でなんですぐ前の席が埋まらなきゃいけないのよ、もう。
イメージ 15
日本海を沿うように南下する路線です。天気良くて暑かったくらい。
イメージ 16
バター餅食べたりして4時30分頃に新潟駅へ到着。バター餅お勧め。おいしい。
イメージ 17
秋田の印象は、真面目な街。長野市より真面目。でもそういう街って「つまらない」とか
言われて若者が出ていっちゃうんですよね。そして秋田は遠い。JRの最速で言うと、
東京駅から新青森まで2時間59分で行けるのに、秋田駅まで3時間37分かかります。
秋田新幹線って盛岡からは在来線を走る特急と変わらない速度なので遅いんですよ。
一度出ると帰りにくい街なのかもしれない。でも駅前の景色はなかなか趣があって
いい街だと感じましたよ。行かなきゃ行けない街でした。それが秋田。