SPRING DREAM

来月の健康診断に向けて減量中

2014年 J3リーグ第24節 長野vs秋田

佐久で試合を見てきました。
 
佐久での開催は、今日を含めてあと3回。レディースチームは来年以降も佐久開催を行うようです。
イメージ 1
 
献血実施中。私はもう献血できないけど(薬服用中)。若い時、9回献血したのになぁ。
イメージ 2
 
テレビ中継用の準備ですね。
イメージ 3
 
T D K が青い文字で書いてありますけど、ブラウブリッツ秋田は、前身はTDKサッカー部でした。
この日は、TDK千曲から応援が来ていたようです。
イメージ 4
 
長野朝日放送が今日は地上波で放送。ナンバープレートが、放送局チャンネルナンバーの「5」。
イメージ 5
 
入り待ち だそう。秋田サポーターが興味深そうに見ていました。バスで来た選手を応援でむかえる儀式。
イメージ 6
 
ブラウ!ブリッツ!あきたあきたあきた! 秋田の応援って耳に残るものが多くて好き。
イメージ 7
 
試合の方は、過去の対戦成績が長野の7勝1分という相性がそのまま出た試合。
 
長野 3 - 0 秋田
イメージ 8
 
ちょっと試合の感想を書いてみます。
ここへ来て、ようやく美濃部監督がしっくりくる組み合わせを見つけたのかな、そんな感じがしました。
4バックにしてみたり、やっぱり3バックにしてみたり、向選手をボランチで使ってみたり、色々試行錯誤しました。
大島選手・松原選手・川鍋選手のセンターバック3人の3バックが強固なものになってきました。
そして新加入の山田選手が攻守にかなり効いています。不動の左だった高野選手がベンチ入りできない状態。
ベンチ入りの競争も非常に激しいですね。この日は野澤選手や高橋選手もベンチ入りできませんでした。
ずっと迷っていたような大橋選手がいきいきとプレーしています。彼はその温厚そうな人柄からは正反対の、
相手にとって非常に「ウザイ」プレーをする選手。しつこくしつこくボールを奪いに来ます。
中盤で相手の攻撃の芽を片っ端から摘み取ってしまいます。真ん中からの攻撃がほぼ出来なくなっています。
そこへ新加入の山田選手も同じように「ウザイ」プレーをします。取れなくても相手のボールを奪取にいきます。
相手の選手は、この大橋・山田の両選手のプレーに心が折れるレベルです。とにかくしつこい。
そして、最近スタメンに名を重ねるようになってきたのが畑田選手ですが、彼も非常に効いています。
元々スタメンレベルの選手でしたが、激しい競争でベンチ入りも難しい時期がしばらく続きました。
畑田選手のいいところは、まわりとうまく潤滑油のような役目を果たせるところ。そして、プレースタイルが
宇野沢選手に少し似ているので、相手にとってはまず真っ先にマークする宇野沢選手の影武者がいるような
感じがするんじゃないかと思います。また、彼はプレースキッカーとしても優秀。コーナーキックは最近は彼が
蹴ります。畑田選手は、いわば向選手からスタメンを奪い取った形ですが、非常に良いパフォーマンスをして
いますね。試合の方は、前回と今回と同じスタメンでしたが、このまましばらく変えないで行くと思います。
なにより機能しているからです。
 
ハイぶりっ子ちゃんがお帰りのお見送り。
イメージ 9
 
秋田は、目標を失っているように見えます。下から2番目にいるようなチーム・選手じゃないのにねぇ。
イメージ 10
 
今節は上位3チームは共に勝ちました。町田、金沢、長野の三つ巴でしばらくいきそう。
イメージ 11
 
レオナルド熊林… 意味はない(ゲホッ
イメージ 12