SPRING DREAM

来月の健康診断に向けて減量中

平安堂

 
長野県の本屋さんと言えば、平安堂(へいあんどう)が真っ先に浮かぶのですが、
昨今の取り巻く情勢には勝てず、同じ県内の企業の完全子会社になるそうです。
 
15年前の売り上げは220億円。去年は91億円。今は本屋だけで商売するのは厳しい時代なんでしょうね。
 
いくつかある平安堂の中で、私は須坂店がお勧め。純粋に本しか販売していません。まさに本屋さん。
 
少し前は千歳町の、はとぽっぽ公園の横に立派なお店があったんですけどね。当時は気品さえありました。
その後駅前の再開発に伴って長野駅前の大きなビルに入居しましたが、だんだん寂れてきている感があります。
今は、本もCDもネットで買える時代ですしね。店頭だと本がキレイじゃない場合などもありますし、ネットだと
送料無料で届けてくれるアマゾンみたいな会社もあるし、どんどん本屋さんやレコード屋さん(CDだけど)は、
なくなってきていますね。駅前のビル、「MIDORI」には、レコード・CDの新星堂などが昔はありましたし、
ながの東急には本屋さんがありましたけど、今ではなくなってしまいました。
私が初めてEPのレコードを買ったのは、長野駅前のMIDORIの新星堂でした。25年以上前の話ですね。
 
駅前の細かい場所を説明する時に、
「長谷川書店があったところ」
「フルーツのこばやしのある交差点」
「グリーンスタンプの交換所があったところ」
などと若い人には通じない例え方をしてしまう、そんなお年頃のたてばやしでした。