SPRING DREAM

もうすぐ今年も半分終わる

2013年 JFL第32節 長野vs秋田

さて、今日の結果次第では長野のJFL優勝が決まるわけで。
長野が勝ち、2位の讃岐が負けた場合のみ、長野のJFL優勝となります。
 
私の肌感覚で言うと、今日長野が優勝する確率は20%くらいかなぁ。
長野が秋田に勝つ可能性は高めですが讃岐がソニー仙台に負けるとは思えないし。
イメージ 1
今日は雨予報で出足も悪かったですね。雨は試合中はなんとか持った感じ。
 
信濃毎日新聞社のなーのちゃん号が待機。つまり、号外を出す準備もあるよと。
イメージ 2
 
ブラウ! ブリッツ! あきた!あきた!あきた!
イメージ 3
長野は秋田との相性はいいんですよね。過去の対戦成績は長野の4勝1引分け。
 
秋田は現在JFL6位。相模原・町田・金沢の次の順位のチームだけあって強い。
イメージ 4
 
途中、JFLモバイルサイトで讃岐がソニー仙台に先制されたことを知る。
イメージ 5
先週、長野が夢スコ(夢スコアのこと=5-0で相手に勝つこと)したソニー仙台
讃岐には牙を剥きました。讃岐がアウェイでソニー仙台に敗北の報が。
 
長野 1 - 0 秋田 2位の讃岐が敗れたため、2試合残して長野のJFL優勝です。
 
後半、長野は退場者2名を出して9人で戦いましたが、ロスタイムの一度きりの
秋田の決定的なチャンス以外は、秋田の攻めを封じていました。
DFを4名、その前に有永選手、大橋選手、野澤選手の3枚のボランチを並べる
作戦で最前線に宇野沢選手がいるという4-3-1 というシステムでした。
これで最後まで秋田に仕事をさせなかったですね。ギラヴァンツ北九州戦で
延長戦を10人で戦った経験なども活かされているのかもしれません。
審判のジャッジは、正直よくわからなかったので特にコメントはないんですけど、
今日の審判は位置取りが下手だったなぁ。長野のボール回しの邪魔をしてました。
 
イメージ 6
 
長野はJFLシーズン連続無敗新記録を24試合に伸ばし、7連勝のおまけ付き。
公式戦も28戦無敗。10日後に迫った天皇杯横浜F・マリノスとの試合が
注目を浴びるところです。その前に来週は相模原との公式戦がありますね。
 
美濃部株がますます上昇中。
イメージ 7
 
見つけた!ウホッ♪(宇野沢選手の応援ダンマクだと思われます)
イメージ 8
 
今日はJ1、J2、JFL、全国社会人大会(来季のJFL昇格チームなど決める大会)
などが一斉に開催されたのでサッカー関係者はてんてこ舞いないちにちでした。
J1はジュビロ磐田が降格決まったし…
J2は、相変わらずジェフはやらかしてるし… 神戸はJ1復帰です。
JFLは、ある意味讃岐がやらかしました。
来年開幕するJ3の最後の1枠、今日の結果では盛岡が優勢に立った模様です。
最後の1枠だけJFLをひとっ飛びして地域リーグからJ3に行ける特典があります。
 
 
イメージ 9