SPRING DREAM

もう寒くなってきた

上田の赤い橋

上田電鉄の、今年になって復活した赤い橋を見てきました。

 

2019年10月の水害で、以前の橋の一部が流されてしまいました。

f:id:tatebayashihappy:20210923223601j:plain

 

復旧事業は、8億8300万円。

「特定大規模災害等鉄道施設災害復旧事業費補助」という制度を利用して

国が97.5%、上田市が2.5%(実質の負担)で新しくなりました。

ここの赤い橋の部分だけ上田市上田電鉄が譲渡し、いわゆる上下分離方式

復旧工事をしました。そうしないと、補助が受けられなかったそうです。

f:id:tatebayashihappy:20210923223631j:plain

 

こちらの、上田駅とは反対側の岸の部分が流されてしまったのです。

f:id:tatebayashihappy:20210923223703j:plain

 

城下駅方面。白線は超えていませんよ。手を少し伸ばして撮影しています。

f:id:tatebayashihappy:20210923223747j:plain

 

上田駅方面。新幹線が上田に来るまでは、上田電鉄別所線は地上駅でした。

今は改札が高いところにある駅に変わりました。

f:id:tatebayashihappy:20210923223829j:plain

 

上田電鉄は、今年6月で別所線開業100周年を迎えました。

水害前から、上田市上田電鉄に年間9000万円ほどを補助していて、

決して経営状態は良くないのです。市民の税金をつぎ込むことをしてでも、

失いたくない地域のシンボルとなったのでしょう。

上田市自体が、そこそこ大きな都市(令和3年9月・人口15万5000人)

だからこそできる補助なのかもしれません。

f:id:tatebayashihappy:20210923223859j:plain