SPRING DREAM

来月の健康診断に向けて減量中

地獄谷野猿公苑 スノーモンキー その1

スノーモンキーを見に、地獄谷野猿公苑に行ってきました。

スノーモンキーホリデー観に(ミニ)バスで、途中まで行こうと計画していたのですが…
スノーモンキー観に(ミニ)バス
通常冬季間は通行止めになってしまうルートを特別に開放し、スノーモンキー観に(ミニ)バスにご乗車
いただいたお客様を地獄谷野猿公苑近くまでお連れ致します。
運行日 平成25年12月21日(土)~平成26年3月23日(日)の土日祝日及び年末年始
--------------------------------------------------------------------------------------------
と書いてあったので、信じてしまいました…
今年は平成27年。渋温泉HPのデータは古いままだったのです。
今日2/11は、建国記念の日でホリデーなのですが、結論からいうと、今日はスノーモンキーホリデー観にバスは
運行されていませんでした。

上林温泉の駐車場から歩いて野猿公園に向かいます。
上林温泉仙壽閣(せんじゅかく)や地獄谷野猿公苑長野電鉄グループが運営しています。
イメージ 1
ちなみにここまで来るのに10分くらい歩きました。通常の駐車場が満員でロマン美術館から歩いてきたので。

入口がいきなり坂なので心配する方もいるでしょうから、ちゃんと説明書きが。結構平坦な道のりです。
イメージ 2

どうせなら、道中にあるこの案内板を撮影していこうかなぁと思いました。これで2個目。
イメージ 3

進化論を否定する人たちへの挑戦?まあ結構「人類は神が創った」と信じてる人たちもいるでしょうし。
イメージ 4

途中で、反対側からお帰りの方々も歩いてくるのですれ違う時になおさら足元を気をつける必要があります。
イメージ 5

猿って生涯で結構子供産むのねぇ。10頭程だって。
イメージ 6

猿が野猿公園にいるのは、餌付けをしているから。餌付けの時間は特に知らせてないみたい。
イメージ 7

このカラーの看板は、そんなにたくさんは設置されてはいませんでした。
イメージ 8

下にさり気なく英文で入園料が書いてあったのね。たぶん餌付けは開園前に終わらせているみたいです。
イメージ 9

厳冬って、ビターウインターって表現するのね。
イメージ 10

あ、6番目を撮りそこねた! 猿が湯冷めをしない理由が書いてありますね。
イメージ 11

こうして遊歩道を歩いていると、右側面に用水路ぽいものがところどころあるんですよ。
イメージ 12

あ、やっぱり用水路だったんだ。
イメージ 13

途中で東屋みたいな建物があって、こんな看板がありました。
イメージ 14

ちょっと拡大。
イメージ 15

右側も。
イメージ 16

もうすぐそこ、というほどすぐそこじゃないんですけどね。ここからまだ意外と歩きます。
イメージ 17

8番目も撮りそこねたか。猿がつかっている温泉は、猿用に造った露天風呂です。
イメージ 18

無人飛行体っていうんですかね、ドローン。飛ばしちゃダメですよ、という注意書き。
イメージ 19

いくつか途中で抜けちゃったけど、これで最後です。
イメージ 20

最後の最後に急な階段登り坂。この先に野猿公苑があります。
イメージ 21

続きます。