SPRING DREAM

来月の健康診断に向けて減量中

別れの言葉

赤塚不二夫さんが亡くなって、タモリさんが弔辞を読むということが今日ありました。

「赤塚先生、本当にお世話になりました。ありがとうございました。私もあなたの数多くの作品の一つです。」

約8分間に渡る弔辞は、実は白紙だったそうです。ずっと紙を見ながらでしたから、まさか白紙とは
思いもしませんでした。
やっぱりタモリさんは天才。それを一発で見いだした赤塚不二夫さんも天才なんだね。