SPRING DREAM

もうすぐ今年も半分終わる

2024 JリーグYBCルヴァンカップ 3回戦 長野パルセイロ VS 北海道コンサドーレ札幌

水曜日の夜に長野Uスタジアムでサッカーの試合を見てきました。

 

ルヴァンカップ天皇杯も勝ち進んだから日程がきついんですよね。

(どこか方面を横目でみながら)

 

駐車場で札幌ナンバー見つけた!さすがガチ勢は違う。

 

長野は現時点でのベストメンバーではないでしょうか。怪我人とかいるしね。

札幌はあきらかにメンバー落としてきました。ベンチ入り人数も空きがあったし。

 

長野が小西選手のゴールで先制。下部組織生え抜きの選手ですが、急激に成長

している印象。かなり小柄な選手なので運動量と素早さとテクニックで勝負。

 

札幌サポーター。☆のマークがあるとどうしても「あれ」を思い浮かべますね。

SAPPOROだけに。

 

試合の方は完全に長野ペース。正直札幌サポーターもここまで試合を長野に支配

されると思っていなかったでしょう。長野は完全に弱者の戦い方。

体力の配分など考えず脚が攣るところまで相手を追いかける覚悟を持った作戦。

これには札幌も苦戦していました。普通こんな危険な作戦やらない。後が大変。

 

WOW!結構入りました。J1との対戦は楽しいね。J2、J3も参加した今回からの

新しい方式のルヴァンカップは面白いね。鳥取の対浦和、八戸の対鹿島みたいに

アウェイサポーターが大挙してくることで交通機関や宿泊施設に影響がある

くらいの現象が起こることがニュースになってワクワク感がある。

 

長野はあと40秒くらい粘れたら勝てたのにねぇ。

最後の最後に相手の体に当たったボールがコロコロ転がってゴールが決まって

札幌に同点とされ、延長戦でも決着がつかずPK戦へと。もうこんな時間だよ。

 

PK戦へと突入。

 

最初のキッカーは両チームとも決める。

 

次も決める。

 

3人目も決める。

 

4人目の長野のキッカー、砂森選手がポスト直撃で外す。天皇杯決勝の松本戦の

PK戦でも砂森選手は外していました。嫌なイメージを払拭しきれなかった?

キッカーは最初の方は途中交代して入った選手を並べるのがセオリーです。

120分戦った交代なしのDFの選手なんかだと脚にきているのでふんばりが

きかなくて蹴る時にふかしたりしちゃうからです。

 

札幌の5人目に決められて勝負あり。するりと勝利の女神が逃げて行った。

内容は長野の圧勝でしたが、実際の結果は札幌の勝利。世の中そんなもんだ。

 

長野 1 - 1 札幌 (PK 3 - 5) 勝ち進んだのは札幌。

 

この試合の勝者は、富山対神戸の試合の勝者と対戦します。

まあ神戸でしょうかね… えっ 富山勝った?まじで?相手神戸だよ?

カターレ J1王者神戸撃破」 翌朝の富山の新聞の見出し。

神戸で得点したのが井出くんでGKは新井選手か…

 

 

長野は中3日で日曜日に天皇杯1回戦、秋田県代表の猿田興業と対戦します。

場所はサンプロアルウィン。なんで松本で開催するかねぇ。長野Uスタジアム

やればいいのにねぇ。長野県サッカー協会の意向でしょうね。

ドライブがてらに松本まで行ってくるか…

 

7月号の特別付録は、コールマンの撥水加工お出かけバッグです!

In Red(インレッド) 2024年7月号