SPRING DREAM

来月の健康診断に向けて減量中

2014 チャレンジリーグ第10節  長野パルセイロレディースvsスペランツァFC大阪高槻

長野パルセイロレディースの試合を東和田で見てきました。
 
あいにくの曇り空。時折小雨。
イメージ 1
 
スペランツァFC大阪高槻は、大阪府高槻市がホームタウン。スペランツァとはイタリア語で希望の意味です。
元々は松下電器女子サッカーチームでした。今後の展開次第ではガンバ大阪傘下になるのかもしれません。
イメージ 2
 
阪高槻サポーターも結構きていましたよ。この日の観客数はパルセイロレディース過去最高の852名。
イメージ 3
 
アウェイチームはバスで移動ですよね。
イメージ 4
 
スペランツァFC大阪高槻の監督は、元・ガンバ大阪GKだった本並氏。日本代表歴もあります。
イメージ 5
 
この日の選手・監督を含めて一番の有名人は、なでしこジャパン丸山桂里奈選手ですかね。
後半丸山選手がPKを得て、これから蹴るところ。倒した浦崎選手は2枚目のイエローでレッドで退場に。
この日は、浦崎選手、橋浦選手のリーグ戦100試合出場のセレモニーも試合前にあったのですが…
 
倒したシーンは、丸山選手が上手く倒れたと思いました。倒れたのはシミュレーションではなかったと思います。
ペナルティーエリア内でああいう守備を受ければ、こういう風に倒れればPKがもらえる、それくらいのことは
丸山選手くらいのベテランFWならカラダで覚えているはずです。それもあるけど、今日は審判のジャッジが
ちょっとホームには不利な場面が多かったですね。特に線審はどうしようもなくダメだった。
イメージ 6
 
イメージ 7
 
試合後のコメントで、本田美登里監督が「ホームゲームの優位性がない試合になってしまったことが悔しい」と
遠回しに審判を批判していました。浦崎選手への気遣いもあるでしょうけど。
 
追記:後日この部分に手を加えてありました。
修正前「残念ながらホームゲームの 有意性がない試合になってしまったことがとても悔しいです。」
修正後「残念な試合結果になってしまったことがとても悔しいです。」
公式の中の人見てる~?(^^) せっかく優位性の誤変換を直しておいてあげたのに…
 
イメージ 8
個人的に丸山桂里奈選手の動きをずっと見ていたのですが、前半15分くらいまでは動き出しが速くて俊敏で
さすが現役なでしこジャパンの選手だわと驚いていましたが、電池切れるのも早かった。
その後は普通の動きでした。彼女はお膳立てしてもらってこそ輝ける選手。個人で打開するタイプじゃないしね。