SPRING DREAM

来月の健康診断に向けて減量中

新春初笑い寄席@北野文芸座

北野文芸座で行われた、新春初笑い寄席に行ってきました。

 

北野文芸座は、長野県では知られている北野建設が建てた企業文化施設

権堂アーケードの端に存在しています。比較的街中にある施設。

 

当日、北野文芸座で直接購入しました。

当日に公演の存在を知ったのですが、セブンイレブンのマルチコピー機ではもう

販売していませんでした。なのでダメもとで入り口で聞いたら売ってくれました。

↑ボールペンは成人式のお手伝いでもらったグッズ。

 

画像は北野文芸座のホームページより引用。

三遊亭王楽さん、U字工事さん、林家たい平さん。

ポスターにはのっていないですが、

最初は二ツ目柳亭市寿(りゅうてい いちじゅ)さんが小噺を披露。

三遊亭王楽さんのお父さんは、三遊亭好楽さんです。

チケットは5500円ですが、年末年始遠出もしなかったしお金使ってもいいかな。


林家たい平さんといえば、おなじみ笑点のメンバー。

今の笑点メンバーは、三遊亭小遊三さん、林家たい平さん、林家木久扇さん、

三遊亭好楽さん、桂宮治(かつら みやじ)さん、司会は春風亭昇太さん。

(名前は席の並び順) 座布団運びは山田隆夫さん。

 

会場は385席。ほぼ満員でした。完売目前だったのかも。

14時ぴったりに開演。途中20分休憩を挟んで16時15分に終了。

 

私、初めて北野文芸座の中に入りました。そして初めて落語を聴きました。

柳亭市寿さん→三遊亭王楽さん→U字工事さん→林家たい平さんの順番。

落語は登場人物が複数人出てくるので、ちゃんとお噺を聴いていないと

人間関係とかがわかりにくくなり、適当に聴き流していると後悔しますね。

U字工事さんは、コントでもあり漫才でもあり。お二人は漫才協会に途中から

加入しており、現在は真打ちです。

 

落語は途中で羽織を脱いでから本題に入ります、みたいな合図なのでしょうか。

おはなしが一番おもしろかったのはU字工事さんですね。わかりやすい。

噺家さんの落語は、本題が始まる前の「ちょっとおもしろい世間話」が

楽しいですね。落語は声色(こわいろ)で複数人が登場するので

慣れていないと面白さが伝わりにくいのかも。

笑えるポイントがそんなに多いわけではないので、現代のお笑いと

比較されるとどうしても苦戦すると思います。雰囲気も含めて楽しめ、かな。

見た感じ、観客の平均年齢は非常に高く棲み分けができているのかも。

 

こうして知らないことを体験するのもいいですよ。