SPRING DREAM

来月の健康診断に向けて減量中

優勝・昇格・降格・入れ替え戦 悲喜こもごも

今日でJ リーグのリーグ戦は終了。
今年はなんと、J2優勝、自動昇格、プレーオフ6位進出チーム、J3降格、J2・J3入れ替え戦、、J3優勝チーム
これらが全て最終節を前にして決まっていない!というめずらしいシーズン。
対象となるチームのサポーターは息苦しくてどうしようもない展開でした。(私は対象外だけどね)

J3優勝は大分トリニータ。2位は栃木SCとなりました。大分は1年でJ2復帰。
栃木はJ2・J3入れ替え戦に回ります。
結局今年のJ3は、降格してきた去年J2にいた両チームでワンツーフィニッシュ。
ある意味妥当な結果かも。長野の3位という結果は、これも妥当な最終結果なのでしょう。

2016年J3リーグ最終順位

勝点 チーム名
61  大分
60
59  栃木
58
57
56
55
54
53
52  長野
51
50  秋田(得失点差+11) 鹿児島(得失点差+10)
49  富山
48
47
46
45  藤枝
44  琉球
43
42
41
40
39
38  ガンバ大阪U-23
37  
36  FC東京U-23
35  相模原
34
33
32  セレッソ大阪U-23
31
30  盛岡(得失点差-4) 福島(得失点差-9) 鳥取(得失点差-17)
29
28
27
26
25
24
23
22
21
20  YSCC横浜

あと、J2の最下位は北九州。来年はJ3に降格です。新しいスタジアムが来春完成なのに…
北九州はJFL経由でJ2に昇格しているのでJ3は初めてです。魔境J3へようこそ。
J2ブービーの下から2番目は金沢。J3で2位になった栃木と入れ替え戦となりました。
もう来週には栃木県グリーンスタジアム入れ替え戦第一戦が行われます。
第二戦は金沢のホームスタジアムで開催なんですが、金沢のホームスタジアム、
西部緑地が使えないそうで金沢のホーム試合なのに富山で開催となるそうです。

そしてJ2は、優勝が札幌。2位は奇跡の9連勝で松本をまくった清水。同一カテゴリーで9連勝は凄いです。
引き分けなしで9連勝ですからね。最後の最後で自動昇格を逃したのが3位の松本。前節アウェイ町田戦で
敗けたのが致命傷でした。松本は、J2最小敗戦数、最小失点という自動昇格には充分な成績でしたが、
札幌の貯金と清水のプライドを賭けた怒涛の追い上げが予想外でした。

引き分けで優勝の札幌と、後半途中で北九州の苦戦の情報を知った金沢、この両チームは今日対戦した
のですが、試合の最後の方でお互いボールを保持したまま攻めないという選択をしました。
引き分けでWIN-WINだからです。札幌は引き分けで自力優勝、金沢は20位の岐阜が試合途中で勝ち越して
いる状況で仮に勝っても入れ替え戦より上の順位は無理でしたので、金沢が自動降格の最下位を逃れる
ためには試合前順位で同じ勝ち点の北九州だけを注視していればよかったのです。その状況で金沢には
引き分けで勝ち点1が必要でした。「お互い引き分けでいい」 そういうシチュエーションってたまにあります。
これに対して「この試合を見に来た人に対してこんな攻め合わない試合内容でいいのか!」と怒る人もSNS
界隈ではいるようですが、いいんですよ。今日だけは結果がすべて。

J1への昇格プレーオフは、3位松本対6位岡山、4位セレッソ大阪対5位京都と試合です。もう来週には
始まります。いずれもリーグ戦成績上位チームのホームスタジアムでの一発勝負。引き分けは
成績が上位、ホームスタジアムのチームが勝ち抜けとなります。リーグ戦の成績の優位性を保つためです。
松本はあと2試合「敗けなければ」J1へ昇格できますね。昇格するためには京都、岡山は2試合とも勝つ必要が
あります。セレッソは、京都には敗けなければ勝ち抜け、2戦目の決勝は、対戦相手によって勝つか引き分けか
どちらになるのかわかりません。順当な予想なら松本とセレッソの決勝となりそうですが、これは死闘になる
予感満載。そういえば、今日松本はリーグ戦過去最高入場者数の19632人を記録しました。これは隠れて
いるけど凄い記録!緩衝帯を限りなく少なくすればいつかは2万人の大台も狙える?