SPRING DREAM

来月の健康診断に向けて減量中

藤原公園

長野市にある藤原公園です。
 
場所は長野市安茂里(あもり)地区。小高い山の中腹にあります。
イメージ 1
藤原公園の藤原は藤原銀次郎氏の名前が由来です。王子製紙の社長を務め、「製紙王」と呼ばれたそうです。
 
撮影した同じ場所から後ろを振り返ると、長野市一帯が見渡せます。
イメージ 2
右に見える橋は丹波島橋。たんばじまばし、と言います。左にある水色っぽいビルはトヨタのプリズムビル。
 
少しひいて撮影。なんかいろいろ立派そうな記念碑などが建っています。
イメージ 5
藤原氏は、戦前に横浜に藤原工業大学を設立。後に慶応大学工学部となります。現・理工学部
 
藤原水神と書かれていますね。藤原氏は安茂里地区の出身。私費でこの地区に簡易水道を引きました。
イメージ 6
その偉業を称えるためのもののようです。台座の上の部分だけ新しいような気がしました。
 
公園なので木製のベンチがあります。この公園の駐車場は無いようです。ここへ行く道は途中かなり狭いです。
イメージ 7
水道施設と関係があるのなら、水飲み場とかあれば嬉しいんだけどなあ。(ありません)
 
閑院宮載仁親王(かんいんのみやことひと親王)殿下台臨(たいりん)記念樹。参謀総長を務めたそう。
イメージ 8
台臨とは、皇族のお方が出席なさることです。閑院宮は、載仁親王の第二王子の春仁親王が継ぎましたが、
戦後に皇籍離脱されて断絶となりました。
 
立派な松の木だなあと思ったら、記念樹だったのですね。こちらは少し離れた別の場所にある記念碑。
イメージ 9
もう少し寄ってみました。↓
 
身近にこういう歴史を知ることができる場所があるのですね。
イメージ 10
でも今の教育現場だと、こういう戦前の事に関してはたぶん触れないんだろうなぁ。もったいない。
 
一本の花水木の袂にはこのような碑が建っていました。
イメージ 11
ハナミズキも、きれいな花を咲かせるんですよね。
 
イメージ 12
ここの公園のすぐ下に黒いガードレールがあります。絶景スポット故、愛を語る落書きだらけで黒くなった模様。
 
藤原氏の経歴などが書かれてます。
イメージ 3
恥ずかしながら、私はここに来るまで藤原銀次郎さんのことはまったく存じあげていませんでした。
 
もう一枚、長野市一帯を望んだ写真を。すぐ下はりんご畑になります。
イメージ 4
左に赤い字で「東 急」と書いてあるのがわかるかな。遠くからの場合、駅前の目印になります。
 
ここへは、長野県庁からなら車で10分もかからないくらいでしょう。道は狭く、斜面も急ですけどね。