SPRING DREAM

来月の健康診断に向けて減量中

2023 J3リーグ第38節 長野VS宮崎

長野Uスタジアムでサッカーの試合を見てきました。

 

長野は、この試合勝てればシーズンの負け越しを解消。勝てば借金ゼロに。

 

毎年恒例の、最終戦のスピードくじ。頑張って5本挑戦します。

 

空くじなし できればそれぞれの景品の本数も書いてほしいです。

結論から言うと「ガチャセット」が多すぎます。またの名を「在庫処分セット」。

 

茶臼コラボトートバッグ。これは当たりの部類。定価は2500円。

 

宮阪選手のスポーツタオル。んん?宮阪選手のタオルですと?

放っておいても売れるであろう宮阪選手のタオルが在庫処分されていると

いうことは… あっ(察し) こちらも定価は2500円。前節の試合で

半額の1250円で売っていましたが、それより安いですしこれも当たりの部類。

 

ガチャセットが3本。これは困ります。どうみても在庫処分セット。

 

アクリルスタンドx3 缶バッジ ラバーケーブルバンド。

アクリルスタンドが600円x3。缶バッジ300円。バンドが600円。

定価でいえば2700円ではあります。いずれもブラインドパッケージで販売

されていたもの。つまり購入時に好きな選手を選べないグッズだったんです。

 

アクリルスタンドx3 七五三キーホルダー ラバーケーブルバンド。

七五三キーホルダーは500円。このガチャセットで定価2900円。

 

アクリルスタンドx2 缶バッジ 七五三キーホルダー ラバーケーブルバンド。

定価だと2600円。んー まさに在庫処分。これらのグッズは

前節の北九州戦で3点で500円で実は投げ売りされていました。

それと比べるといずれも少し割高なんだよな~。

 

イオンとパルセイロのコラボトートバッグが売られていたので買いました。

 

牛乳の販促キャンペーンのアンケートに答えて何かもらえるイベント。

参加賞でミルメークをもらいました。その後コンコースでも配っていました。

 

労働局のブース。長野県の最低賃金が948円であることのアピール。

時給が全国で一番低いのは岩手県で893円。

一番高いのは東京で1113円。神奈川が1112円。

大阪・埼玉・愛知・千葉・京都・兵庫までが1000円超え。

 

パンフレットのお姉さんがさほど若くないあたりに時代の配慮を感じます。

そのうちアニメ絵になってそれもダメとか言われて動物になってそれも

ダメ出しされてなんかの想像上の謎のキャラクターになるまでが今の時代。

 

宮崎は、選手引き抜かれて大変なシーズンだったんでしょう。

少しいい成績を残すと、お金で選手が引き抜かれちゃうんだよね。

 

工藤選手のダンマク。去年若くしてお亡くなりになりましたが今でもこうして

ダンマクが掲げられているのは素晴らしいことだと思います。

 

後半から途中出場した宮阪選手。フリーキックの場面。

 

惜しい!キーパーが超反応でギリギリ防ぎました。

 

宮崎は背中スポンサーがZOZOなんだよね。

元々は宮崎の新進気鋭の会社「アラタナ」をZOZOが子会社化して、

のちに吸収合併しました。なのでZOZOがスポンサーになっています。

画像は南野選手。

 

終戦で3000人入らないとはねぇ。

 

明日の午前中にファン感が行われます。

試合後に宮阪選手の契約満了が発表されました。

やっぱりタオルマフラーの違和感は正解だったんだ…

 

長野 2 - 2 宮崎

 

長野は3試合連続で引き分け。しかし3試合とも追いつかれての引き分け。

6試合負けなしではありますが、昇格がなくなってから負けなくなっても

あまり意味はない。髙木監督は来期も続投するような気配はあります。

来シーズンはJ3プレーオフ導入。

金沢・大宮がJ2から降格し、富山が最終戦で勝つも鹿児島に得失点差で

追いつけず3位となり富山は来年もJ3にとどまります。

金沢・富山・長野・松本がJ3で戦うシーズン。いわゆる北信越

地獄の北信越、無駄に熱い北信越北信越リーグの再来です。

昔と違うのは、JSC(ジャパンサッカーカレッジ)の代わりは富山。

金沢・富山・長野・大宮の北陸新幹線かがやきダービーもあるね。

 

同日同時刻に行われた国立競技場のJ1昇格プレーオフは熱かった。

やっぱり昇格プレーオフ決勝とか、入れ替え戦こそが最高のコンテンツ。

ルヴァンカップ天皇杯は決勝があるけど、負けても悲壮感はない。

しかし昇格プレーオフ決勝や入れ替え戦には明確な敗者が存在します。

非情で残酷な現実はサポーターにものしかかる。ええ、のしかかりますよ。